お知らせ

同志社大学との共同プロジェクトとして、介護者向けカウンセリングプログラムの研究参加者を募集いたします。

プロジェクト詳細ページはこちら

同志社大学との共同プロジェクトとして、介護ストレスへのオンライン認知行動療法プログラムへの参加者を募集いたします。

株式会社cotree(コトリー、本社:東京都港区、代表:櫻本真理、以下cotree)は、2017年11月1日、同志社大学心理学部・同志社大学実証に基づく心理・社会的トリートメント研究センターの武藤崇教授との共同プロジェクトとして、介護ストレスに対するACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー;新世代の認知行動療法)をベースにしたオンラインカウンセリングプログラムに参加してくださる方を募集しております。

家族による介護の必要性の高まりと介護者のストレスケアの必要性

 高齢化が進捗する中、介護を主に担っているのは主に配偶者や子を中心とした同居・別居の家族であり、全体の70.9%を占めています。厚生労働省によれば、要介護認定者数は2015年の450万人から、2040年には750万人まで増加すると予想されています。介護人材や施設の不足により、家族による在宅介護の必要性はさらに高まっていくことが想定されます。

 平成28年度の国民生活基礎調査によれば、同居の家族を介護する介護者のうち、悩みやストレスがあると回答したのは68.9%、そのうち悩みやストレスの原因として挙げられるのは「家族の病気や介護」が女性で76.8%、男性で73.6%と非常に高く、最も大きな割合を占めました。介護する人にとっては介護が非常に高いストレス要因になることが示唆されています。

介護者のためのオンラインカウンセリングプログラム

 一方、介護に携わる家族は、時間的・地理的な制約から、自分自身の心身を健康に保つための適切な手段にアクセスすることが難しいという課題を抱えています。そこで、同志社大学とcotreeは共同して、介護ストレスを抱える方が介護とうまくつきあっていけるようになるための、ACT(新世代の認知行動療法)をベースにしたオンラインカウンセリングプログラムを試験的に提供いたします。

 プログラムは事前ヒアリング(4回)、本プログラム(6回)、フォローアップ(4回)で構成され、PCやスマホを用いたビデオ通話で行われます。

 今回のプログラムは、同志社大学心理臨床センター内で実施する科学研究費助成事業の一環であり、完全に無償での提供となります(人数には制限があります)。

 同志社大学の武藤崇先生は「現行の介護福祉サービスでは、認知症の介護をする家族まで手が回っていない(回せない)という実態がある。これは見過ごせない状態だと感じたし,臨床心理士などの心理職がお力になれることも多いのではないかと思った」と述べられています。

 cotreeでは今回のプロジェクトにより、時間的・地理的制約を含む様々な制約を抱えた方に対する、インターネットを介した介入の可能性を示唆するより豊かな知見の獲得が可能と捉えています。ぜひ多くの方にお申し込みを頂けることを願っております。

 

カウンセリングプログラムお申し込みのご希望はこちらより承っております。

 

ページ上部へ戻る