cotree for Student(大学向けサービス)

悩んでいるのに相談できない学生のために

cotree for Studentは、大学生のためのオンライン相談サービスです。

学生相談を運営する大学の87%が、悩んでいるのに相談に来ることができない学生への対応に悩んでいます。cotree for Studentは、サポートが必要なのにも関わらず学生相談室につながりづらい学生のためのオンライン相談窓口です。学生相談室と連携しながら、相談につながりづらい学生に相談のための入り口を提供し、適切なサポートを行います。

ビデオ・電話・チャット相談・セルフケア教材配信・ダイアリー機能(セルフモニタリング)を組み合わせて、多様な学生に最適なサポートを提供します。詳細はお問い合わせください。

こんなお悩み抱えていませんか?

インターネット完結型のオンライン相談室

学生支援室で把握しきれない学生のニーズを把握できます


開室時間が限られている相談室とは違い、24時間365日カウンセラーに相談が可能です。

厳しい審査を経た多様な専門家が対応


臨床心理士などのカウンセラーが対応しています。学業不信、発達障害、LGBT、就職活動など、学生が抱える多様な問題に対応することが可能です。

使いやすいインターフェース


オンライン相談室導入にあたって専用の設備などは必要ありません。インターネットさえあれば、どこからでも利用できます。チャット相談、ビデオ/電話相談は直感的に使えるデザインになっています。

オンライン支援サービスの3年間に蓄積した豊富なノウハウ

対面相談に抵抗がある方もご利用可能

対面に抵抗がある以下のような学生にはオンラインカウンセリングが適しています。

対面相談に向いている学生は相談室で、そうでない学生はオンラインカウンセリングでフォローすることが可能です。

導入によって相談室の負担を最適化

大学における学生相談に関する今後の課題として特に必要性が高いと思われる事項


対面・オンラインと相談窓口が複数存在することで、リーチできる学生数や顕在化していない悩みへの対応が可能となります。

学校種ごとの相談件数


増加傾向にある相談のりファー先としてオンライン相談室を設置することで、相談室での対面相談に来られる学生さんの数を減少させ、一人一人に時間をかけてカウンセリングを実施することが可能となります。
毎月利用レポートを発行しています。レポートによって、利用頻度や利用人数などを正確に把握することが可能です。

伊藤絵美先生の監修教材配信

伊藤絵美(いとうえみ)
洗足ストレスコーピング・サポートオフィス所長
千葉大学子どものこころの発達教育研究センター特任准教授
資格:臨床心理士、精神保健福祉士
学歴:慶應義塾大学文学部人間関係学科心理学専攻卒業。同大学院社会学研究会博士課程修了。博士(社会学)。
主な著書・訳書:『認知療法・認知行動療法初級ワークショップ』(星和書店)、『ケアする人も楽になる認知行動療法入門』(医学書院)、『事例で学ぶ認知行動療法』(誠信書房)、『認知行動療法実践ガイド』(ジュディス・ベック著、共訳、星和書店)、『スキーマ療法』(ジェフリー・ヤング著、監訳、金剛出版)、『スキーマ療法実践ガイド』(アーノウド・アーンツら著、監訳、金剛出版、『ケアする人も楽になるマインドフルネス&スキーマ療法』(医学書院)、『折れない心がメモ1枚でできるコーピングのやさしい教科書』(宝島社)など。

導入大学

京都大学

【プレスリリース】学生向けオンラインカウンセリングサービス「cotree for Student」をリリース、京都大学での導入を開始

導入までの流れ

お問合わせフォーム

問合せ種別

ページ上部へ戻る